【今話題のライブドアグループ】のオンライントレードが絶対お得!
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

株初心者の株投資方法

損切り

損切りとは、含み損の出ている株券を売って、損失を確定してしまうことです。損切りをすることで、負け分の幅を少しでも小さくすることができますが、逆に次は、必ず儲けなくては、という重圧で精神的に追い詰められる状況になりかねません。この場合は、対処法として、ナンピン買いでしのぐのが賢明と思われます。

 

株式投資 損切り


株之助さんのスキャルピング講座

株之助さんは、自分のサイトで、日々のデイトレードの結果を公開しています。株之助さんは、スキャルピングという手法を使い、わずか1年半の間に300万円を2億円に資産を増やした方です。

株之助さんのスキャルピングの手法をマルチカメラでリアルタイムに収録したDVDです。詳しくは、こちら→【DVD】株之助のスキャルピング講座


気配値【初心者の株投資】

@ケイです。株を買ったり売ったりするには、1円でも高く、または安くというのは、心情ですよね。

そんなときに目を通しておくと便利なのが、「気配値」です。

売りたい人の株数と買いたい人の株数を比較して、それぞれの指値のことを「気配値」といいます。

こんな風に気配値を並べたものを「板(いた)」といいます。

数字が青くなっているところを見ますと
売気配株数が300で、気配値が657になってますよね。

657円で売りたい人の株数の合計が、300ありますよ、ということを示しています。

こんどは、数字が赤くなっているところをご覧ください。
買気配株数が100で、気配値が576になってます。

これは、576円で買いたい人の株数の合計が、100あります、ということを示しています。

657円と576円は、それぞれ”買ってもいい上限”と”売ってもいい下限”の株価なんです。

どういうことかというと、576円で買いたい人(株数)が、657円で売りたい人(株数)よりも少ないので、657円の右側には買気配株数がありません。

つまり、購入するなら576円で、売りたいなら657円で指値注文すれば、ほぼ間違いなく取引が成立するわけなんです。

株式投資 気配値


株の銘柄の選び方

株式投資を行ううえで、株の銘柄をどう選んだらよいのか、という点があります。株初心者にとっても、明確な基準はありませんので、難しい点です。

株の銘柄選びのポイントとしては、企業の決算状況を基準に選ぶ方法が、基本的方法です。企業の決算状況を調べるには、一般的に、業績予想、ROEPBRPER株チャートを分析し、銘柄の選択をしていきます。


グロース投資とは、企業の成長性や収益性に着目し、業績の伸びが期待できる銘柄を選択し投資する手法です。成長株投資という言い方もあります。

グロース投資では、売上高の伸び率を最重要視していきます。売上高が伸びているときは、買いで、落ちてきたら売りにシフトするというのが、基本スタイルです。

投資


バリュー投資とは、企業の利益や資産など本質的な価値に対し、割安になっている銘柄に投資する方法です。

バリュー投資に関しては、「ベンジャミン・グレアム」、「ウォーレン・バフェット」の本が有名であり、また人気も高いです。

 

投資


仕手株

仕手株とは、特別な理由がないにもかかわらず、株価が短期間で極端に動く銘のことをいいます。仕手筋と呼ばれるプロ集団の人たちは、短期で莫大な利益を得ることを目的に、意図的に株式を買い上げ、株価を吊り上げ、個人投資家の買い注文が集中し、株価が上昇したところで、これまで仕込んだ株式を一気に売り抜けを行うのです。


株価は、急激に上がりますが、仕手筋が手を引いたとたんに、暴落していきます。特に、業績のよくない銘柄が、突然値上がりしているときなどは、注意が必要です。株の初心者には、相当なリスクが伴いますので、手を出さない方が無難です。

 

投資 株


株式の売買

株の初心者は、株購入の目安がわからない場合が多いはず。したがって、割安な株というのは、とっかかりやすいです。

株式売買の仕方についてですが、売買のときに、銘柄、株数、取引価格の決定方法(指し値注文、成り行き注文か)を注文の有効期間を証券会社に伝えることが必要です。

ちなみに、指し値注文とは、売買の希望価格を決めておくこと。成り行き注文というのは、希望価格を決めずに、銘柄と数だけを決めて注文することです。


 


株 投資のリスク。

株式には、リスクがあります。リスクには、倒産のリスク、値下がりのリスク、流動性のリスクがあります。

株は、リスクのイメージが強すぎて、「危険なのでは?」というイメージがあると思います。これらのリスクを軽減するようにしていけば株は、恐れるものではありません。

どんな金融商品にだって、リスクはつきものなのですから。

株式投資のリスクのうち、倒産のリスクは、会社が倒産してしまうのですから、当然、株式自体もただの紙切れ同然となってしまいます。

値下がりのリスクの場合は、分散投資を行うことで、多少なりともリスクの軽減はできます。一極集中で、大金をつぎこむのではなく、いくつかの銘柄に資金を分散しておくのです。

トータルで損害を少なくするのが賢い投資の方法です。

 

流動性のリスクとは、売りたいとき買いたいときに売買ができないリスクです。

つまり、売りたいけど買い手がいないとか買い手はいても、金額が安い場合です。これは、発行株式の数が少ないケースで起こりやすいのです。なので、株の出来高がめちゃくちゃに少ない銘柄などは、避けたほうがいいでしょうね。

 

株 投資


Googleで検索
Google
おすすめ
今より5万円お小遣いが増えるとうれしいものです。
↓↓↓



ご案内
【株初心者@株入門教室】

●役に立つと思った方は

人気blogランキング参加中★

株初心者@株入門教室を利用している仲間で人気ブログにしてみませんか?
1回クリックするだけで応援できまよ〜!

ポチッ!ヨロシク♪

↓ ↓



●運営ポリシー


株初心者@株入門教室は、株式投資をはじめたいけど、なにから手をつけたらよいのかわからないという株初心者の方に、ネットでの株の取引や株の情報収集など、基礎的で有益な情報を提供して、株初心者の方のお役に立てることをなによりの喜びと考えています。

ご意見、ご感想があれば、気軽にコメントください、よろしくお願いします♪