【今話題のライブドアグループ】のオンライントレードが絶対お得!
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

株式の種類

浮動株 特定株

浮動株とは、株価などに影響されて、すぐに市場で売買される株のことです。投資家も、そういう目で、「○○円になったら売ろう」などと考えて、所有している株をいいます。

特定株とは、企業のオーナーや、役員、関係会社などが持っている株というのは、簡単に売買されるものではなく、そういった株のことをいいます。

株式投資
 


株式の取引形態による株式の種類には、上場株と店頭株、未公開株があります。

上場株とは証券取引所に上場されている株式をいいます。株式を上場するには、証券取引所で発行済み株式数、株主数、純資産、利益、配当といった点について上場基準をもとに審査します。その後、大蔵大臣の承認といった流れがあります。

店頭株とは、日本証券業協会の基準で登録された「登録銘柄」と、一定の登録廃止基準に該当し廃止になった銘柄を登録する「店頭管理銘柄」があり、これらの株式を、証券会社の店頭で顧客と証券会社が相対し、売買する場所を店頭市場、そこで扱う株式を店頭株といいます。


未公開株とは、証券取引所や店頭市場に上場していない株式です。ふつう個人投資家は売買できませんが、日本証券業協会の運営しているグリーンシート銘柄として指定されている銘柄については、未公開株でも売買することができます。


株式の様式による分類。

株式には、額面株式と無額面株式とがあります。

額面株式というのは、株券面に額面金額が記載されているものをいいます。たいていは、「50円」などと額面が記入してあります。

無額面株式は株券面に額面金額が書かれてなく、株数のみが書かれている株式のことです。

 

株 取引

 


株式の種類には、いろいろとありますけど、株主の権利による分類によって、普通株、優先株、劣後株に分けられます。

【普通株】っていうのは、一般的に株式市場で売買できる株式のほとんどをいいます。

株主の権利に限定が一切ない株式のことです。

【優先株】というのは、普通株よりも優先的に配当、残余財産を受けられる株式なんです。ただし、優先株式には、議決権がありません。

わかりやすくいえば、経営に参加できる権利は、いらない代わりに優先的に配当を受け取りたいということです。

【劣後株】ちょっと読みづらそうなイメージですが、劣後株とは、優先株の逆で、普通株よりも劣後的な取扱いを受ける株式のことです。

たとえば、政府が特殊法人や公共公益事業会社などの株式を保有する際に利用したりするなんてのがあります。

株 取引


Googleで検索
Google
おすすめ
今より5万円お小遣いが増えるとうれしいものです。
↓↓↓



ご案内
【株初心者@株入門教室】

●役に立つと思った方は

人気blogランキング参加中★

株初心者@株入門教室を利用している仲間で人気ブログにしてみませんか?
1回クリックするだけで応援できまよ〜!

ポチッ!ヨロシク♪

↓ ↓



●運営ポリシー


株初心者@株入門教室は、株式投資をはじめたいけど、なにから手をつけたらよいのかわからないという株初心者の方に、ネットでの株の取引や株の情報収集など、基礎的で有益な情報を提供して、株初心者の方のお役に立てることをなによりの喜びと考えています。

ご意見、ご感想があれば、気軽にコメントください、よろしくお願いします♪