【今話題のライブドアグループ】のオンライントレードが絶対お得!
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

株初心者のための株と税金

米国株と税金

米国株と税金については、通常、非住居者登録をしている場合、つまり、日本にいる私たちが、米国で米国株の売買益(株式譲渡益)に課税されることはありません。ただし、配当については、米国と日本とで、二重の課税対象とされます。

ちなみに、中国株の株式投資では、譲渡益も配当金も、中国内における課税の対象にはなりません。理由は、米国、中国とそれぞれの法律で規定している内容が違うためです。それぞれの国に準ずるしかないのです。


外国株と税金について

中国株、米国株、ブラジル株など日本人が外国株で得た譲渡益に対する税金は、基本的には非課税になります。外国株の税金で、注意しなければならないのは、配当です。配当は、所在地国で課税され、さらに日本でも課税される2重課税となります。この場合は、確定申告で外国税額控除というのを適用しれもらえば、大丈夫です。

ちなみに、中国株は、配当課税が所在地で行われません。

 

株 税金


株 税金

株と税金の関係について、配当金は、源泉徴収されるので確定申告は必要ありません。ちなみに平成20年3月31日までは、10%、それ以降は、20%が源泉徴収されます。

配当金に関しては、配当控除という税金対策があります。配当控除を適用する場合は、確定申告が必要になります。配当控除の対象となるのは、原則は、配当所得になるものですが、一部対象外もあるので、確認が必要です。

 


株 税金

特定口座一般口座の違いについては、特定口座と一般口座のどちらを選んだほうが、有利なのか?で、考えます。

源泉徴収有りの特定口座は、節税上、メリットがありませんが、確定申告の必要がないというメリットがあります。この場合、元本1000万までの譲渡益非課税の特例を利用することはできません。

源泉徴収なしの特定口座の場合は、損益計算をする手間が省けますが、確定申告の必要があります。

一般口座は、特例が使える点で有利ですが、確定申告をしなければなりません。通常、ひとつの証券会社で長期的な投資を行う場合、源泉徴収有りの特定口座を使った方が、便利です。それ以外の方は、源泉徴収なしの特定口座でも一般口座でも大丈夫でしょう。

 


株 税金

新証券税制の特例について

新証券税制の特例には、5つあります。

【軽減税率が適用される】

株の譲渡益は、20%ですけど、平成19年末までは10%となっています。けれど、個人の間で、売買したケースでは、20%のままなんです。

証券会社を利用した方が、有利ですよね。

【譲渡損失の繰越控除ができる】

株の譲渡で損をした場合、その年のほかの株式での譲渡益で相殺し、相殺し切れなかったときに、翌年以降、最大3年間繰り越して、その間の利益と相殺できるというもの。

ただし、繰越は上場株式での損のみなのに、相殺は非上場株式でも可能となっています。

【みなし取得費】

上場株式を平成13年9月30日までに取得していて、2010年(平成22年)12月31日までに売却するケースに適用されます。

譲渡益の計算のときに、実際に取得した金額に代えて、平成13年10月1日の終値に80%をかけた金額(みなし取得費)を用いることができるというものです。

実際の取得費とみなし取得費のどちらか高い金額を使い、譲渡益を少なくし、課税金額の負担を軽減することができるのです。

【元本1000万までの譲渡益非課税】

平成13年11月30日〜平成14年12月31日までに取得、平成16年12月31日までに持っていた上場株式を平成17年〜19年末までに売却したケースで、

 

投資元本1000万までは、税金がまったくかからないのです。

ただし、譲渡した年の翌年3月15日までに税務署への届書提出が必要です。

 

【特定口座】

特定口座というのは、証券会社が譲渡益の計算を代行してくれる制度です。

 


新証券税制

平成14,15年で改正が行われたことで、申告分離課税に一本化されましたが、反面、さまざまな特例が設けられているので、よくよく調べていくと、意外と有利なものもあります。

ちなみに、申告分離課税では、1年間の売買損益を自分で計算し、確定申告をしなければなりません。

1年間の通算譲渡益×税率=納税額になります。

こう書くと簡単そうですが、取引が多いと、大変煩雑なものになってきます。

 

株 税金

 


株 税金

株と税金の関係について、

株は、売った時点ではじめて税金がかかります。譲渡所得として、所得税、住民税がかかるのです。株式売却で利益が出たときは、売却利益を正確に計算し、翌年に譲渡所得として税務署で確定申告を行い、納税することになります。

計算式は、簡単に書くと、「売却した銘柄の損益=収入金額−(取得費+譲渡費用等)」になります。

なお、株の譲渡益による税率は、2007年までは10%、2008年からは20%となります。


Googleで検索
Google
おすすめ
今より5万円お小遣いが増えるとうれしいものです。
↓↓↓



ご案内
【株初心者@株入門教室】

●役に立つと思った方は

人気blogランキング参加中★

株初心者@株入門教室を利用している仲間で人気ブログにしてみませんか?
1回クリックするだけで応援できまよ〜!

ポチッ!ヨロシク♪

↓ ↓



●運営ポリシー


株初心者@株入門教室は、株式投資をはじめたいけど、なにから手をつけたらよいのかわからないという株初心者の方に、ネットでの株の取引や株の情報収集など、基礎的で有益な情報を提供して、株初心者の方のお役に立てることをなによりの喜びと考えています。

ご意見、ご感想があれば、気軽にコメントください、よろしくお願いします♪