【今話題のライブドアグループ】のオンライントレードが絶対お得!
2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!

株初心者のためのベトナム株投資

ベトナム株サイゴン証券に関する費用

ベトナム株サイゴン証券(SSI)の手数料が変更されました。2007年3月15日以降、サイゴン証券に口座を開設する場合は、諸費用を考慮しておかなければなりません。

変更内容は、外国投資家(いわゆる個人)向け料金としては、公開株の仲介手数料(コミッション)として取引額の0.5%。

未公開株の仲介手数料が取引額の1%。そして、サイゴン証券への口座開設料は、200米ドル。さらには、口座維持料として、毎月100米ドルに値上がりです。

サイゴン証券では、最初の保証金として、10,000米ドル(また証券口座番号ができてから1ヶ月の間に送金が必要)。最低の保証金は、1000米ドル。IPO(入札)申し込み提供の手数料として、200米ドル/IPO。さらに、口座閉鎖の手数料もかかり、これが100米ドルです。

すでにSSIに口座を開設している方の変更点は、未公開株の仲介手数料が取引額の1%。口座維持料が、毎月25米ドル追加されます。IPO(入札)申し込み提供の手数料は、200米ドル/IPO。口座閉鎖の手数料は、同じく100米ドルかかります。

とくに、口座維持費については、今後の状況では、さらなる値上げもありそうです。ベトナム株サイゴン証券にかかる諸費用は、意外と重荷となります。事前に確認しておきたいものです。


ベトナム株の購入

ベトナムは、中国よりも安い賃金水準の国です。ベトナム株の取引所も本格的にスタートしたのは、ここ最近のことです。したがって、ベトナム株は、新興市場で投資を行うには、十分魅力的な投資なのです。

しかし、一方、ベトナムの株投資は、法的インフラが整備されていないので、証券会社で不祥事があっても、補償もなく、結果的に泣き寝入りということにもなりかねません。「ハイリスク・ハイリターン」というのが、ベトナム株購入の現状というわけです。

ベトナム株の購入を現地に乗り込んで証券会社に口座を開き、株を直接取引する日本人投資家も最近では増えているようです。ただし、ベトナム株を購入するには、リスクを見込んで、損失を最小限に抑えるような資金投資からはじめたほうが得策といえるでしょう。冷静な判断で、ベトナム株の購入をはじめていきましょう。


ベトナム株投資

ベトナム株の投資において、ベトナムでは証券取引所によって、取引方法に違いあります。ホーチミン市場では「板寄せ取引」、ハノイ市場では「ザラバ取引」という方法を使っています。自分の投資方法によって、上手に使い分けをしましょう。


 


ベトナムの証券取引所

ベトナムの証券取引所は、2000年7月に創設されたホーチミン証券取引所、2004年に創設されたハノイ証券取引所があります。

現在、ホーチミン証券取引所には52銘柄、ハノイ証券取引所に16銘柄が上場されています。(2006年11月現在)2つの証券取引所、ホーチミン市場とハノイ市場の違いは上場企業の規模です。

一般的にはホーチミン市場が大企業、ハノイ市場が中小企業というような分け方をしています。その他の違いは、注文方法について、ハノイ市場では、指値注文しかできません。取引単位では、ハノイ市場では、1000株単位、ホーチミン市場は10株単位、と微妙に差がありますので、目的に応じて使い分けが必要です。

 

 

ベトナム株 証券取引所


ベトナム株 ベトナム サイゴン証券

ベトナム株の投資をはじめるには、ベトナムの証券会社に口座を開設します。やはり、最大手のサイゴン証券(SSI)の口座開設が、安心です。

サイゴン証券(SSIは、ベトナムで1番歴史のある証券会社で、私営の証券会社としては、最大手です。OTC(店頭売買)と外国人投資家の口座開設を得意としており、私営のため顧客サービスの充実に定評があります。

サイゴン証券(SSI証券)は、現在、市場シェアが約20%で市場第2位の位置にあります。とくに外国人投資家の口座数ではダントツで、ベトナム株の口座開設をしている外国人のうち半数以上の約6割が、サイゴン証券でベトナム株の口座開設をしています。


ベトナム株 投資

ベトナム株のOTC投資

OTC銘柄とは、店頭取引銘柄を買うことです。ふつう、ベトナム株の投資というと、ベトナムの証券会社に口座を開けばいいのですが、OTC銘柄というのは、外国人は通常、購入できないし、できたとしては十分な情報収集が難しいものです。しかも、OTC銘柄は数が多いので、外国人が簡単に銘柄選びができるというものではありません。

これは、裏返せば、まだ割安の銘柄が多いということです。実際に、ベトナムには、もうすぐ上場予定、年間で売り上げが50〜100%も伸びている、2007〜8年の予想PERは約5倍前後という企業が、たくさんあります。

ベトナムは、2000年ごろの中国と同じような状況にあります。中国株で、億万長者になった方もいるそうです。ベトナム株投資で、大きく稼ぐことは、実現性が高いのではないでしょうか。



 


ベトナム株 ファンド

ベトナム株のファンドとは、ベトナム株の投資を比較的簡単に行える方法です。ベトナム株の投資信託、ファンドの利用では、投資金額が10万程度と、リスクの少ない金額からはじめられます。日本国内でもベトナム株のファンドを取り扱っている証券会社に口座を開いてさえおけばすぐにも売買ができます。

過去に募集のあったところでは、ユナイテッドワールド証券、アイザワ証券、東洋証券、などがありますので、ベトナム株のファンドを検討するなら、こまめにチェックしてみることです。


ベトナム株 ノーロードファンド

ベトナム株ノーロードファンドとは、ベトナム証券取引所に上場された株式はもちろん、これから上場する予定の株式や非上場の会社へ投資を行うファンドのことです。

ベトナム株のノーロードファンドの特徴としては、まず販売手数料が無料です。また、ファンドがどんな企業に投資しているのかを、従来では考えられなかったガラス張りの状態にしており、一般にもわかるようにしてあります。さらに、コスト的にも割安感を感じられるものです。

購入については、1口10万単位で最低5口からの購入ですので、50万の費用がかかります。決して安い購入費ではありませんので、十分に検討したいところです。


ベトナム株 口座開設

ベトナム株の口座開設を行うには、日本国内では、今のところベトナム株を扱っている証券会社はありません。したがって、ベトナム株の投資には、ベトナム国内の証券会社と銀行に口座開設しなくてなりません。実際にベトナムへ足を運び、現地で手続きをすることが必須となります。

ベトナム株の口座開設の手続きは、1日ででき、ベトナム株の取引は、さらに10日〜14日程度でできるようになります。

ベトナム株の口座開設に、必要なものは、証券取引コードの取得が必要になり、これは、日本領事館から署名証明の発行依頼をし、現地の公証役場に申請し使用します。あとは、パスポート、現住所がわかるものが必要になります。


ベトナム株

ベトナム株が注目されています。ベトナムは、社会主義国家です。株式については、まだ歴史が浅く、2000年にホーチミン証券取引所が開設された状況です。

ベトナムの市況としては、10年前のインドに似ており、さらに株価が割安であるということもあり、今後、さらに注目度は高まっていくものとされています。

 


Googleで検索
Google
おすすめ
今より5万円お小遣いが増えるとうれしいものです。
↓↓↓



ご案内
【株初心者@株入門教室】

●役に立つと思った方は

人気blogランキング参加中★

株初心者@株入門教室を利用している仲間で人気ブログにしてみませんか?
1回クリックするだけで応援できまよ〜!

ポチッ!ヨロシク♪

↓ ↓



●運営ポリシー


株初心者@株入門教室は、株式投資をはじめたいけど、なにから手をつけたらよいのかわからないという株初心者の方に、ネットでの株の取引や株の情報収集など、基礎的で有益な情報を提供して、株初心者の方のお役に立てることをなによりの喜びと考えています。

ご意見、ご感想があれば、気軽にコメントください、よろしくお願いします♪